男からドSや鬼畜セックスを受け入れる女は表向きMが多いので注意!本質はドS女である事が多い

MENU

セックス「ドM」なのに性格の本質は「ドS」女の存在について

私は「セックスしている時の性格と日常生活における性格は全くリンクしない」と確信している。

 

本当はドS女に注意

 

下手な話というか、極論を言えば

両極端である場合が多い

とまで思っている。

 

特に女に関してはその傾向が強いと思う。セックスの時の性格とリアルの性格のギャップが見事にデカいのだ。

 

今回はそんな女の中で最もそのバランスが極端な女の特徴にについて語りたいと思います。

 

一言でいえば・・・

男がドSで女がドMの場合

実は、この組み合わせに当てはまるパートナー間こそ、セックスとリアルでの性格に大きなギャップのある女が多いと私は確信している。

 

付き合ったり、その性的な関係が確立された時はS男は非常にオラオラとした態度で、心身共にSっぷりを発揮してM女とのプレイに快楽を感じる。

 

しかし、勘の良い男だと数週間、普通の男でも数ヶ月程度である違和感に気付く事が多い・・・

 

そして気づくと何故か、調教やドSプレイをしているS男の方が精神的に疲労して、疲れ切ってしまう事が多い・・・

 

客観的に彼らを見ると明らかにM女の方が日常生活を支配して、本来のS男の影は無くなっている。

 

こんな流れが自然に起こるパターンが非常に多いのだ。

 

まあ、この結論としてはこのM女というのは

性癖やセックスに対してのみドMな性格なだけ

であり、私生活や男に対する本音はドSな女なのである。

 

つまり

セックスのSM関係と本当の性格のSM関係のバランスが異なっている女

であったという事だ。また、この関係が割り切ったセフレ関係だったり遊びとしてのSMパートナー間であった場合は別れてしまえば「問題解決」となるので傷は浅いのだが、恋人関係や結婚している夫婦間であった場合は自体は深刻である。

 

実はこのタイプの女と言うのは非常に多いから自分でSを自称している人は注意が必要かもしれない。

 


PAGE TOP